BIM360の価格と安く買う方法を解説

BIM360は、建築、施工データの社内・客先共有に欠かせないソフト。Revii、Cvil3Dを利用している人は効果を最大限活用できるため、ぜひ利用したい商品となっています。

今回はBIM360の価格の紹介だけでなく、お得に買える方法を解説。

これからBIM360を導入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Autodesk(オートデスク)

BIM360を安く買う方法

BIM360はユーザータイプ・求めるライセンスによって安く変える方法があります。以下の2つの場合がありますので、順に解説していきます。

  • 長期ライセンスなら月・年あたりの金額が割引かれる
  • 3年間ライセンスを購入する

長期ライセンスなら月・年あたりの金額が割引かれる

AUTODESK製品のライセンスは、1ヶ月ライセンスよりも1年ライセンス、1年ライセンスよりも3年ライセンスの方がお得に販売されています。

以下でライセンス価格について解説していますが、長期ライセンスになればなるほどお得度もアップするので、長い目でみて購入を決断することをおすすめします。

3年間ライセンスを購入する

BIM360の3年ライセンスは、現在1年契約の継続より最大約10%オフとなる割引を行っています。

長期で検討している人は、ぜひこの機会に入手したいですね。尚、セールの終了期間は未定となっています。

高い?安い?BIM360の価格

ここでは、BIM360の価格を紹介していきます。

※以下の金額は2020年時点の金額です。尚対応OSはWindowsのみとなっています。

価格は全て税込金額です。

1ヶ月 19,800円
1年 158,400円
3年 427,900円

各ソフトの料金を1ヶ月あたりの金額で比較

1ヶ月ライセンス:19,800円(税込み)

1年ライセンス:158,400円÷12ヶ月=13,200円(税込み)/1ヶ月あたり

3年ライセンス:427,900円÷36ヶ月=11,886円(税込み)/1ヶ月あたり

Autodesk(オートデスク)

BIM360の購入方法

ここでは、BIM360の購入方法を解説していきます。必要事項を入力するだけなので、2〜3分程度で簡単に完了します。

  1. 必要ライセンスを選択
  2. 個人情報の入力
  3. 支払い方法の選択

①必要ライセンス(個数)を選択

AUTODESKの公式サイトに飛び、BIM360のページに進むと、上記のページが出てきます。

そこで必要なライセンスの期間を選択し、【カートに追加】をクリック。

②個人情報の入力

⇩クリックで大きくできます⇩

次にアカウント情報を入力する画面に飛びますので、必要事項を入記の上進んでください。

③支払い方法の選択

⇩クリックで大きくできます⇩

次に支払い方法の選択に移ります。支払いは、

  • クレジットカード(VISA、Master Card、JCB、American Express)
  • コンビニ決済
  • PayPal
  • 銀行振込

から選べます。

公式のAUTO DESKストアからの購入は

  • 安全な決済
  • 個人情報を保護
  • 30日以内の返金保証

がついているので安心!公式サイトからの購入をお勧めします。

まずは30日の無料の体験期間でBIIM360試してみましょう

ソフトはAUTODESK公式HPからインストールすることができます。初月(30日間)は無料の体験期間となっています。

まずは触ってみて、操作感もそうですし、自分のPCに合うかの確認をしてみてください。
Autodesk(オートデスク)